Excel2010が動作を停止する問題

2019年1月4日以降で仕事始めのタイミングで、Excel2010が突然動作が停止して動かなくなりました。原因は、Windows Updateです。

Excel起動しない

Updata for Microsoft Excel 2010 (KB4461627)がインストールされると不具合になります。
従ってこのアップデートを削除(アンインストール)をすると、不具合が解消されます。

「お使いのシステムは、現在破損しています」の対処

ウェブブラウザでウェブページを開いたら突然下の画像のようなページに切り替わってしまったことはないですか?

お使いのシステムは、現在破損しています

最近このシステム警告が突然あらわれるトラブルが頻発しています。

この「システム警告」は「嘘の警告」で、ユーザーにソフトウェアをダンロードさせようとする「詐欺警告」なのです。

今回は「お使いのシステムは、現在破損しています」や「お使いのコンピューターはウイルスに感染しています!」などの嘘の警告表示が出てしまった時の対処方法を紹介します。

「更新」や「こちらをクリック」などのボタンを押すと、ダウンロードページが開き、無料でソフトウェアをダウンロードさせます。

すると、パソコンにスケアウェア(ユーザーを脅して恐怖心をあおり、金銭や個人情報を奪うことを目的としたマルウェアです)やトロイの木馬など様々なウイルスが入り込むという方法です。(ウイルスではなく有料のソフトウェアを買わせるだけの場合もあります)

お使いのシステムは、現在破損していますでエラー

ウェブページから閉じ様とすると上記画像のように止めることが出来ません。

まず「Ctrl + Shift + Esc」同時押しで「タスクマネージャー」を起動します。

ウェブブラウザを表されますので、それをクリックしてタスクの終了をクリックすると、ウェブブラウザが終了されます。

Ctrl + Shift + Esc

再度ウェブブラウザを起動するとウェブブラウザの下に「セッションの復元」と表示されますが、クリックしないで、横の「×」をクリックして完了です。

セッションの復元と止める

個人の方も法人の方にも重要なお知らせ

2020年1月14日には
Windows7の延長サポートが終了します。

すでに2017年4月11日WindowsVistaのサポートが終了しており、2020年1月14日には、Windows7の延長サポート期間も終了します。
セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。

十分な準備と余裕を持ってWindows10環境へ移行しましょう
移行には準備が必要です。
・PCの対応状況の確認
・ソフトウエアや周辺機器の互換性の確認
・データバックアップ
など、十分な準備をして移行されることをお勧めいたします。
また、サポート終了直前になりますと、対応機器が入手困難になったり、価格の上昇なども予想されます。
サポート終了に早めに備え、最新のWidows10環境への移行をご検討ください。
サポートが終了したPCを使い続けるリスク
・Windows7対応の周辺機器、ソフトウエアが限定されます。
・ソフトウエアのバージョンアップサービスが適用できない場合があります。
・システムの不具合が発見されても今後は改善されません。
※今までご利用されていたバージョンのソフトウエア利用はできます。
上記のリスクを理解した上でのご利用は可能です。
また、Windows10とのデータ互換やファイル共有も従来通りです。
ご心配な方は「導入前システム検証」を行いますのでお気軽にご相談ください。

マイクロソフトページ

有限会社スリー・エス お問い合わせは、個人の方も法人の方にも
0545-81-3670まで