Windows 10 May 2020 Updateが入手可能になりました。

「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004、20H1)」の一般提供が米国時間5月27日より開始された。

詳細はImpress(窓の杜)の記事を確認して下さい。

「Windows 10 May 2020 Update」

「Windows 10 May 2020 Update」8月18日追記

LANケーブルのスピード

気になっていたのでが、事務所の光回線が「おそーーーーーーーーい」と息子に言われて仕方なく
光回線の終端装置(ONU)を確認しました。なんと以下の通り100MBになっていました。
LAN100MB-Port

利用していたケーブルはすごく古いと思っていなかったので、気にしていませんでした。

旧LANケーブル

スピードテストを確認したら、やはりスピードが遅いと思いました。
LAN100MB

 

新品のCAT6のケーブルを購入して交換しました。
新品ケーブル

ONUでポート確認したら、以下の通り1GBになっていました。
LAN1GB-Port

最後にスピードテストで、確認したら何とか2倍以上のスピードになっていました。
LAN1GB

ビックリです。 息子に感謝です。(^_^;)

Windows 10 May 2019 Updateが入手可能になりました。

「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903、19H1)」の一般提供が米国時間5月21日より開始されたが、すでに既知の不具合が12件確認されている。
詳細はImpress(窓の杜)の記事を確認して下さい。

「Windows 10 May 2019 Update」には既知の不具合が12件 ~手動更新には十分注意

現状インターネットで確認したところ、良くない情報が多くなっています。
アップデートをしない方が良いと思います。

個人の方も法人の方にも重要なお知らせ

2020年1月14日には
Windows7の延長サポートが終了します。

すでに2017年4月11日WindowsVistaのサポートが終了しており、2020年1月14日には、Windows7の延長サポート期間も終了します。
セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなります。

十分な準備と余裕を持ってWindows10環境へ移行しましょう
移行には準備が必要です。
・PCの対応状況の確認
・ソフトウエアや周辺機器の互換性の確認
・データバックアップ
など、十分な準備をして移行されることをお勧めいたします。
また、サポート終了直前になりますと、対応機器が入手困難になったり、価格の上昇なども予想されます。
サポート終了に早めに備え、最新のWidows10環境への移行をご検討ください。
サポートが終了したPCを使い続けるリスク
・Windows7対応の周辺機器、ソフトウエアが限定されます。
・ソフトウエアのバージョンアップサービスが適用できない場合があります。
・システムの不具合が発見されても今後は改善されません。
※今までご利用されていたバージョンのソフトウエア利用はできます。
上記のリスクを理解した上でのご利用は可能です。
また、Windows10とのデータ互換やファイル共有も従来通りです。
ご心配な方は「導入前システム検証」を行いますのでお気軽にご相談ください。

マイクロソフトページ

有限会社スリー・エス お問い合わせは、個人の方も法人の方にも
0545-81-3670まで